問われる家主の管理力

雑誌「家主と地主」をずっと読んでいなかったので、古い号からひろって読んでいます。

「問われる家主の管理力」は「家主と地主」Vol. 46の記事です。この号は、2013年になってすぐに出版されたものなんですね。

「設備重視から管理重視の時代へ」という副題で、ハード・ソフトの両面から賃貸住宅の管理を見ています。

これは、読んでいい記事で、参考になることも多いと思いました。まじめでスタンダードな記事と思います。

でも感じたのは、「これからは、家主さんも地主さんも、管理以外に『売却』を考えるようになるだろう」ということでした。

2012年は、管理の年でした。2013年は、売ったり買ったりの年になると思います。「賃貸から売買の時代へ」。こういった時期に、しっかりと管理をしてぶれないのが、いい大家さんなのだと思います。

でも、私は大家さんでなく凍死家なので、売ることを真剣に考えたいです。

「家主と地主」が今後不動産売買にどう関わっていくか、興味を持っています。

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>