なぜ3件目を買ったのか?2

本郷の物件は、「銀行はS銀行で4.5%, 頭金5%の35年払い」。

いやいや、契約のためにわざわざ東京に行って、急にこの話は何ですか?東京まで出る前に、電話で連絡してもらえればよかったでしょう。

周りは、何人もの社員で囲まれています。

「銀行は、○○銀行を使って、金利は変動で△△パーセントといったでしょう?」

「我々は、村兵衛様に一番有利になる条件を考えました」

つまり、地方銀行の融資は、だめだったんですね。でも、買わせるために、S銀行から金をもってきたんですね。

話を聞いてみると、35年と長期になっているので、(固定資産税を入れない)キャッシュフローはぎりぎり、マイナスにはなっていません。それに、頭金5%は、会社で持ってくれるというのです。

じゃあ、ほとんど金を使わないで、マンション1室、買えるじゃん!

いや、今考えると、本当に馬鹿でした、本当に馬鹿でした。。。生まれてきて、すみません。。。。

でも、買ってしまいました。

これで、新築マンション3件の「オーナー」様になりました。不安が無いわけではありませんでした。でも、オーナー気分はいいですねぇ。

「どうせインフレが来るから、どうでもなるよ!」この気分は、この時期投資した多くの人に当てはまる考えではなかったかと思います。「リーマンショック」など、想像も出来ず、「いざとなったら売ればいい」という、「安心感」をもっていました。

入居率も下がり、礼金・敷金も2ヶ月など取れなくなり、更新料も取れなくなりそうだということは、この時点では本気で考えませんでした。

カテゴリー: 思い出, 1-3件目を買った理由 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>