「満室大家さんのヒミツ」と管理会社

私は以前に寺尾 恵介さんと工藤 一善さんの共著である「満室大家さんのヒミツ」を読んで、「なるほど」と思いました。

私のやりたいことは、「インフレが来て高くなったら物件を売る」という、キャピタルゲイン100%志向の子供じみた単純な発想ですが、購入後思うようなインフレは現れず、インカムゲインどころか持ち出しばかりが増えているというのが現状です。

会社も変わって 再婚もして貯金が減りました。売っぱらってしまうこともできず、小賢しいことをやりながら、凍死家を続けています。

だから、「コミュニケーション」などということはまったく頭に無かったのですが、この本を読んで、「なるほど」と思いましたね。今日、ぱらぱらめくりなおしてみると、覚えているのは第1章のヨシオさんのところだけでしたが、まあ、多分本質はつかんだと思います。

で、管理会社とも仲良くなり、いろいろ相談できアドバイスもいただけるようになりました。特に、中落合の区分管理会社の方には、おかげで滞納の解消もでき、大変お世話になっております。この物件についても良くわかっていただいています。

でも、「管理会社変えるかな」とちょっと思っているのは、入居者が退室するこの機会に、「どこかで2年間だけサブリースできないか」と思っているためです。例えば、もしサブリースで現在の家賃の9割が保証されるのであれば、多分、3月、自分で募集をかけるよりも収入は高くなります。

サブリースって、普通はこんな使い方しか、役に立ちませんから。

今の保証会社では、「想定家賃の9割」と言っているので、これではサブリースの価値はありません。

せっかく良い関係を築きましたので、長期的に見て今の管理会社にお世話になった方が良いようにも思いますが、私は冷たい人間なので、週末、他の管理会社にも様子を聞いてみるつもりです。

まあ、他の管理会社も「そんな条件ではダメ」と言われるかとも思いますが。

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , , , , , パーマリンク

「満室大家さんのヒミツ」と管理会社 への2件のフィードバック

  1. ドビー のコメント:

    村兵衛さんのこの状況何とか解消したいですね。

    各所有物件のキャッシュフローはどうなっているのでしょうか? マンション販売会社は、「今は持ち出しでも、ローンを払い終わった暁には、すべてあなたの収入になるのですよ。」という宣伝文句だと思いますが、ローンを払い終わった時の経済状況、物件の状況がどうなっているのかわかりませんので、持ち出しでの保有は避けたいですね。

    現時点では資産価値が下がり、売れないとのことですが、1件くらいなんとか売れないでしょうか?
    無理なら、絶対に空室にせず、満室をキープすることに全力を尽くし、また、自主管理でできるだけ、よけいな支出を抑えるのが最善の方法だと思いますが、いかがでしょうか?

    • 村兵衛 のコメント:

      ドビーさん、状況をわかっていただき、ありがとうございます。
      キャッシュフローはマイナスです。物件は、インフレ見込みの投機で買ったのが、思うようなインフレが来ず、売れないということです。私は大失敗したことを自覚しています。
      おっしゃるとおり、「絶対に空室にせず、満室をキープ」するしかないです。また、おっしゃるとおり支出を抑えるとともに、節税をし、できれば副業をしたいと思います。
      シミュレーションしてみると、後10年弱待って売れば、損をしないですむという計算が出ます。ここまでがんばろうと思います。
      そんなに待たないでどうしてさっさと損切りしないかといえば、損切りすることの負担が大きいこととは別に、インフレは来る、とずっと思っているからです。過剰供給された貨幣は、まだ動いていません。日本経済破綻の前にインフレが来るのが自然だと思っています。
      インフレはいつ来るかわかりません。デフレが続けば、私が先に破産です。勿論、自分の責任です
      破産しないよう、あれこれ小ざかしい手を使っていくのが私の戦略で、このブログのテーマです。
      私は、つまり凍死家です。
      ドビーさんのブログを読ませていただいていると、「サラリーマンの大家さんの本道はこうなんだろう」と思います。
      また、どうぞ、ご意見をいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>