夜逃げと家賃保証会社9

私は、「夜逃げが起こって、運が悪い」と思っていました。それに、「この管理会社はひどい」と思っていました。

でも、これらも実は時代の流れだったのです。

2008年、経済はどうも悪い方向に進んでいました。

  • 年初めの大発会で、日経平均株価は前年末と比べ600円以上安くなり、戦後、最大の下げ幅となりました。
  • 3月、1ドルは100円を割りました。
  • 日銀総裁・副総裁は決まりません。
  • サブプライムという言葉を皆が知るようになりました。

8月、私の部屋の、池袋で水商売をしていた若い女性入居者は、収入が減り、夜逃げをしました。

放漫経営に経済悪化が重なり、中落合の管理会社は既に金が回らなくなっていたことが、後にわかりました。

この管理会社の利用していた家賃保証会社がリプラスという名前だったことは、後で知ったことです。家賃保証会社最大手だったリプラスは7月末に送金の遅延をおこし、9月には破産します。

家賃保証会社から金が回らなくなった、ぎりぎりの中落合の管理会社にサブリースの家賃を払ったりする体力は無かったし、敷金を原状回復に使うような余裕はありませんでした。この時は、そんな時間も無かったのでしょう。

私が自分で掃除をしなければ、部屋はずっとそのままだったかもしれません。

9月にリーマンが倒産します。中落合の管理会社は、生き残ることはできないでしょう。

私は経済の状態と、私の物件に関する大きな絵がわからずにいました。

新しい管理会社に変えようとしたのは、偶然とはいえ、運が良かったといえます。

ところが、私は管理会社を変えなかったのです。その話は、また、後で書くことがあると思います。

カテゴリー: 夜逃げと家賃保証会社, 思い出 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>