中落合滞納家賃の回収11

私は管理会社Cを余り信用していなかったし、様子を見て、早く変えたいと思っていました。

そこで、よく電話をかけました。

滞納者がいるということは、電話をかけるためのきっかけになりました。

電話していて、一緒に行動して分かったことは、この会社は「オーナー様」のための会社ではない、ということです。デベロッパーでないので、「オーナー様」扱いしていい気持ちにして、また新築ワンルームマンションを買ってもらおう、という戦略がありません。

清算中の元管理会社Bからどのような経緯で物件を任せる話が回ったのかは分かりませんが、実務的な仕事をてきぱきとしてくれる会社で、入居者の家に回って手紙を入れたり、「追い出しますよ」とやんわりと脅したり。

色々と教えてもらって、私の成長のためにも、良い機会を与えてくれました。

私は私で支払い督促で強制執行の脅しをかけました。

「財布を落とした」事件の後、5月半ばには、私と管理会社の口座に、それぞれ1ヵ月分が振り込まれました。

カテゴリー: 初めての滞納, 思い出 タグ: , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>