「理事長様」誕生

出張ついでに、本郷の物件を見てきました。いや、この管理はいいですね。9年目とは思えません。これを見ると、中落合の物件をもう少しきれいにしたいと改めて思いました。

夕方から妙蓮寺の物件の年次総会に出席しました。今年で3回目の総会で、出席者は私一人でした。3年目ならこんなものでしょうね。担当の方と、「来なかったほうがよかったですかね」「今日は勉強させてください」などと、しおらしく話をしていました。

今日は、不動産事業用の名刺でなく本業の名刺を出しておきました。

4回目の総会出席なので今年4回目の「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」の「第72条の規定」の説明です。静かに説明を受けた後、なにげに預貯金通帳の保管口座の名義を聞くと、「管理組合」の口座ということで、管理会社が管理をしていると説明がありました。

なにげに、「やっぱり、理事長がいたほうが形式的にも整うんじゃないですかね」などと話をして、「私が理事長をやりましょうか?」とさわやかに言ってみました。

管理会社の担当の方は、「理事長でなく幹事になるのもありますよ」と、さりげなく振りましたが、「預金口座の体裁を整えるのは理事長の方がいいのではないですか」などと言い、私はさらっと理事長になりました。

腹黒さを管理会社の方が感じたかどうかは分かりません。この場で「理事長に立候補します」と言えば、私はどうしたって理事長になるわけなのですから、お互い大人の演技をしたほうがよいということもあります。

他の理事もいなければ幹事もいない、このマンションの理事長になった責任を思うと、私は身の引き締まる思いです?

契約書と理事長の印鑑を持って、家に帰りました。

よこしまな笑みを浮かべながら。

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>