活況REIT 復活は本物か

本日東京に出張で、電車の中で日経ヴェリタス4月8日号を読んでいました。

トップの特集は、「国債過剰 症候群」で、「国債が爆発するのは、さていつだろうか」という内容の記事でした。10000円を越えた後、しばらくして日経平均もまた簡単に落ちました。本号は暗い論調なのですが、一点明るいのが、この、REITの記事です。

東証指数一時1000台   日銀の脱デフレ姿勢に先高感

というサブタイトルもついています。

不動産市況への見方が改善   海外投資家東京に熱い視線

なんていう小見出しも、健康的です。

でも、こんな健康的なことって、ないでしょう。

経済は、一国だけや、ある分野だけが健全ということはありえません。国債が世界中で過剰に発行されるのはそれ自体不健康で、REITであろうが現物不動産投資だろうが、不健康な波に逆らうことは出来ないと思います。

波は、寄せては返してでしょう。

私が所有する物件を整理する一瞬は、来るはずと思っています。この思いは、弱くなることはありません。

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>