googleちょっと変わってきた

私は、検索エンジンが結果の順番をどう決めるのかに興味があります。

検索エンジンで上位に表示されることは、マーケティングの重要な位置を占め、SNSの利用により重要さが減少することはあっても、重要でなくなることはないと思われます

それは、不動産業についても同じでしょう。

日本ではYahoo!の方がまだ良く使われるのかもしれませんが、2010年にYahoo! JAPANでは、検索の中身としてgoogleを利用するようになったので、現在では検索結果はYahoo! JAPANもgoogleも、どちらでもほとんど同じです。

MicrosoftのBingという検索エンジンは独自で検索結果もなかなか趣がありますが、日本ではその他の小さな検索エンジンも含めて、ないも同然です。

今年の春にgoogleが、「ペンギンアップデート」という検索エンジンのバージョンアップを何回かに分けて行い、検索結果の様子がちょっと変わってきています。私が自分の持ついくつかのサイトの様子から感じることは、

1.サイト内部の構造を前より見るようになった

内容の繰り返しやhtml文章の書き方に厳しくなったように思われます。

2.検索する言葉に対して、結果をより厳密にしようとするようになった

以前は、ABで検索してもACとで検索しても上位にいたのに、ABと、ACとで、大きく順位の変わることが増えました。

3.記事の新しさを重要視するようになった

新しい記事は、「ポン」と上にあげて様子を見ることになりました。

4.ページの変更結果を検索順位に反映させる時間が早くなった

感じとして、変化が10倍ぐらい速く・早くなっています。

全体としてみると、タイムリーに迅速な結果が得られるというよりは、揺れが大きく不安定になっている印象が強く、今後、多少の安定化があるのではないかと想像します。

いずれにせよ、現時点でgoogleは、特殊性と速報性を高い価値として考えていることが分かります。これは、事業にとっては忙しいことですね。

ちなみに、google pagerankも更新されました。このブログは1のままです。

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>