大都市地価 夜明け前

本日の、日経ヴェリタスの記事です。

私の物件は、本郷の物件(多少の早期返済あり)以外は、少しばかり地価が上がり物件の値段が上がったとしても、まだまだ売却損がでますので、現在の私の状況にはほとんど関係ありません。

それでも、「地方よりはよかった」と思います。地方だったら、家賃も下がり物件の価値も下がりで、どうしようもなかったでしょう。

もちろん、はじめからきちんと事業をする予定であれば、地方物件のうまみもありますが、私のように「オーナー様」になっただけで舞い上がってしまうような経営感のないものは、とにかく、首都圏(東京3件、横浜1件)の物件を購入しておいて、だめなながらもよかったと思います。

いや、本当によかったかはわかりません。がんばってがんばって、もう少しで返済が終わるところで自己破産、という可能性もあり、失敗するならば、早めのほうがよかったということもあります。

区分は、それもとくにワンルームは、同じ建物の他の部屋との違いをつけることが困難です。私の場合、税金を返してもらったり、妻を専業従事者にしたり、少しでも契約が早く決まるように工夫したりと、後ろ向きの小ざかしい対応になっています。

小ざかしい対応をしているうちに1件の返済が終わるか、それともインフレが来るか、このどちらかがくることを待っています。

小ざかしいテクニックについては、おいおい書いていくことがあるかと思います。

にほんブログ村 マンション経営 人気ブログランキングへ

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>