なぜ4件目を買ったのか?6

今まで書いたことを読み返してみましたが、この時は本当に私のツボにハマッタのですね。はめられたわけではなく、私の好みにすっぽりとはまりました。

自分でブログを始めてから他の方のブログも拝見するようになり、不動産業を営んでいらっしゃる方々に、コメントをいただけるようにさえなりました(こんな私に!本当に感謝しています)。

いろいろなタイプの方がいらっしゃるのですが、「入居者にいい気分で暮らして欲しい」「入居者に喜んで欲しい」という方々が、多くいらっしゃることがわかりました。

私には、そういう気持ちが余りありません。だから、投資に向いていると思ったワンルームマンションを新築で購入して、売却益を狙いました。

レバレッジをかけた投資の3回目の失敗です。

この不動産業者から来た話は、まさに私好みだったのです。激安の物件を買って自分で育てていくとか、自分で管理やリフォームををしっかりやってお金を浮かすとか、そういう話ではなく、「購入によって金の出入りを調整しよう」という無機的・機械的な話。これにハマリました。

私はそういう冷たい人間なので、反省して違う人間になろうと思うようなことはないのですが、「賃貸業をやるなら、温かい人のほうが向いているし、楽しいだろうし、結局お金もたまりやすいだろう」とは思うようになりました。

でも、不動産経営に対するいろいろな知識は増えたので、凍死家をもし抜け出すことが出来たら、何かこの知識を用いて不動産関係の事業を続けることが出来たらと思います。妻と一緒に楽しく出来たら良いのですが。破産したら、もう、不動産で金をもうけようとは考えません。

——————————————————————————

不動産業者からの電話の後、私は計算をしたり、会社をネットで調べはじめたりしました。

そうしている2,3日後、本郷の物件を購入した会社、件の不動産業者が以前勤めていた大きな会社から、私に電話がありました。

「村兵衛さん、本日電話をしたのは、以前われわれの会社に勤めていた者についてです。村兵衛さんが本郷の物件をご購入されたときに、担当した○○を覚えていらっしゃいますでしょうか?」

カテゴリー: 思い出, 4件目を買った理由 タグ: , , , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>