夜逃げと家賃保証会社1

2007年秋4件目の物件を購入後、不動産業者から開業に必要な記入項目の確認が封書で届きました。

開業届けと青色申告の内容について記入してから、不動産会社に送り返しました。特に話し合いをすることもなく、それぞれについて、1枚ずつの用紙が内容を記載されて戻って来ました。私は捺印し、不動産業者に送り返しました。不動産業者はそれを税務署に提出しました。

そういえば、この時県税事務所には書類を提出していませんでした。しておいても良かったですね。

屋号は未定。

簡単でした。

妻とはまだ結婚していなかったので、青色専従者給与に関する届出はせず、減価償却資産の償却方法もとりあえず今までの定額法にしておきました。定額法は、2009年に定率法に改めます。

2008年2月妻と結婚。結婚式を挙げることも無く、1泊の旅行をしました。

確定申告は、仕分け等、管理会社のアドバイスを受けながら行いました。

給料は下がりましたが、仕事の結果もだんだん出始めました。

うまくいっていると思いました。

2008月8月初め、中落合の管理会社から、突然の電話が入りました。

カテゴリー: 夜逃げと家賃保証会社, 思い出 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

夜逃げと家賃保証会社1 への2件のフィードバック

  1. ヤリ手ジジイ のコメント:

    突然の電話、ワクワク。

    • 村兵衛 のコメント:

      ヤリ手ジジイさん、この電話が現在まで続く長い長い事件の発端になるとは、その時は思いもしませんでした。複数の事件の絡まりようが面白い(涙)のです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>