中落合滞納家賃の回収12

この時は滞納したといっても、入居者には、まだ金銭的な余裕があったので、家主と管理会社による両面作戦は効果がありました。

家主は払わなければ強制執行をするというし、

管理会社は、支払が遅れると、家まで行って催促するし、追い出しも ちらつかせる。

入居者は、精神的に大変だったと思いますが、私も管理会社も、この時はそんなに入居者を追い詰めたわけではありません。

3者協力」のような、雰囲気もまずまず悪くない形で、分割されて支払がぼちぼち進みました。

そして、7月には8月分の家賃を1ヶ月前に支払うところまでも到達しました。

この時は、うれしかったです!何か、自分が1ランクあがったような気がしました。

ひょっとしたら私は1ランクあがったかもしれませんが、入居者のキャバクラ経営は、どんどんと苦しくなっていきました。

私には、2ランクアップが必要だったのです。

そんなことは知らず、この後、このまま滞納を起こさないような手立てを考えました。

カテゴリー: 初めての滞納, 思い出 タグ: , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>