なぜ1件目を買ったか?

いや、初めに電話で話を聞いたとき、「そんなバカな話はあるか」と思いました。30年のローンで月の収支がトントンなんて、そんな物件が投資になるなんてありえないでしょう。

それにしても何社からも電話が多いので、「こんなに電話が多いのならば、うまくいくこともあるのかな」と考え、「とりあえず勉強してみるか」と思いました。

それでいろいろと電話での話を聞いた結果、今は無き「○○建物」の中落合の物件を見に行くこととしました。「目白の駅から遠いな。場所がおしゃれじゃないな」と思いましたが、部屋自体はよく見えて、初期費用もだいぶ安く抑えられることとなったので、結構すんなりと購入を決めました。

購入の時の心の中の後押しとして、

  • 1件だから何とかなる。
  • これからインフレが来るから、家賃も上がるし、物件価格が上がったら売ればよい。

の2つがありました。物件を見てから、購入までは時間をかけずに決めました。

契約のとき、「固定金利でなく変動金利だ」と初めて知り、「こりゃ話に無かっただろう」と思いましたが、まあ、何とかなるだろう、と根拠も無く思いました。○○建物の社員の方の態度も丁寧でしたし、資料もきれいに整理したものをいただいて、「自分も東京の不動産のオーナーになったか」と誇らしい気持ちにもなったものです。

カテゴリー: 思い出, 1-3件目を買った理由 タグ: , , , , , , , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>