榎本ゆかりさんの異能性

家主と地主」Vol. 43号の「榎本ゆかりの一刀両断」は、前のようにいいところをついています。榎本ゆかりさんは、復活しましたね。

私は、結果はさておき、正直、毎回変わり映えしない質問項目を並べ立てたアンケート結果から本当に入居者のニーズがわかるのか、と業界関係者に提起したいぐらいだ。

賃貸住宅に関するアンケートについて、感想を述べています。着眼点が見事と思います。

いつごろからこんな固定観念ガチガチの「部屋探しに関するアンケート」調査が行われているのだろう。

私は、SUUMOが始めたのだと思います。それを、他の雑誌でも安易にまねしたのだと想像します。

アンケートは分析しやすいように性格上、選択方式で回答してもらうことが多い。だからこそ、この選択項目の内容が悪いと、本質をつかむことは難しい。

も、本当だと思います。もっと、アンケートの項目を考え、表面的でない本質がつかめるようなアンケートにするべきだというのです。なるほどと思いました。

榎本ゆかりさんらしいと思うのは、自分のことをすっかり棚にあげることです。積水化学工業住宅カンパニーのアンケート調査を良い例としてあげていますが、「家主と地主」や「全国賃貸住宅新聞」で、こういったアンケートを見た記憶がありません。

アンケートではないのですが、とても良いと思った前号Vol. 42の「不動産投資家がみた天国と地獄」のはじめに「あなたの不動産投資は大丈夫?」というチェックシートがありました。チェックの数を0~1、2~4、5~8、9~10と場合わけして、「あなたの不動産投資はああだこうだ」と機械的に場合わけしていました。本当に陳腐だと思いました。本質も何もありません。

家賃保証会社のVESTAが資産差押を受けたことを記事にしながら賃貸住宅フェアにVESTAを何度も出展させたり(榎本さんは、全国賃貸住宅新聞社の取締役)、不動産業者の「広告料」を「この行為そのものが業法違反」と「一刀両断」しながら、「家主と地主」や「全国賃貸住宅新聞」から「広告料」をとる不動産業者を排除しなかったり(榎本さんは、全国賃貸住宅新聞社の取締役)、家主にファッションセンスを求めながら、ファッションセンスのないマンガを載せ続けたり、めちゃくちゃだと思います。

多分、文章を書いているときは夢中になってしまい、状況が見えなくなってしまうのだと思います。

私は大きな見取り図を求める性分なので、こういった矛盾した態度は恥ずかしいと思うのですが、榎本ゆかりさんの場合、積極的に評価するべきなのだと思います。出来ないことを求めても仕方がないし、この性格だからこそ取締役・編集長であってもはっきりした主張が出来るのだと思います。

もはや、能力だと思います。

その時自分で気がつかなくても、まわりから指摘された時に少しずつ取り入れることが出来ればいいのだと思います。

今回の「家主と地主」からは株の記事が一つ消えて、「千葉 明の株式投資一本勝負」だけになりました。これも切って株の記事をなくし、もう少しファッションセンスの良いマンガに変えるだけで、だいぶすっきりすると思います。

榎本ゆかり編集長のますますのご活躍をお祈りいたします。

次に続きます。

 

カテゴリー: 毎日 タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , パーマリンク

榎本ゆかりさんの異能性 への4件のフィードバック

  1. たろう のコメント:

    ステキです。
    これほど、ヤヌジヌLOVE!
    なのは、ユー&ミー(アイ?)だけです(断言!)

    あ、
    帝都では売っていないのでかったときはありません。。。

    急におもいたちましたが、

    今もユー&アイや、れいこうどう。はあるのでしょうか?

    ミーがぜんちん取締役なら、村兵衛さんを名誉こもん。にしますね。
    みんな、いいことしか言わないんだから。

    • 村兵衛 のコメント:

      たろうさん、榎本さんの異脳性異能性は、「全国賃貸住宅新聞」や、「家主と地主」のようなミニコミでこそ許されるのだと思います。

      榎本さんの異能力を大切にしようと、榎本さんのことを書くと金は、一読して悪口、再読して悪口、深読みして悪口となるよう、注意しています。

      黎紅堂は倒産らしいですが、友&愛→エイベックスらしいですよ!同じ区分投資でも、私とたろうさんのような感じですね。

  2. 零細オーナー のコメント:

    素敵な分析ですね。スパイスが効いてて村兵衛さんらしいです。
    勝手なイメージなんですが、榎本さんという方は実際に会って話したりはしたくないなあ、と思わせる文章を書きますよね。近づきたくないな〜、と思わせてくれます。

    賃貸付けにIKEAを活用、みたいな記事も複数出てましたが、村兵衛さんはどう思われますか?今さら感があるのはとりあえず置いておいて。

    部屋をモデルルームみたいにするのって、効果あるのでしょうか?効果があるとしても、設置、撤去、引き渡し後のフォローなど、いろいろ面倒くさそうなイメージがあって、どうも肯定的になれないのですが。

    • 村兵衛 のコメント:

      私も榎本さんと会って話したいと思いません。文章を読んでもユーモアがないし、楽しい気持ちになりません。私も自分のことを棚に上げて好きなことを書いていますが、榎本さんよりはもう少し、物事を統一的に見たいと思っています。

      榎本さんは(つまらないとはいえ)嫌味のないまっすぐな人だと思いますし、私にない発想があります。雑誌も価格以上の価値があると思い、編集長として良いお仕事をしていると思っています。

      部屋の飾りつけですが、入居者ターゲットによると思います。
      私は、「東京で、ちょっと楽しい気持ちになりたい、所得に余裕のある女性会社員や学生」をターゲットに設定しています。部屋は多少統一感のあるように、小物で飾り付けています。
      「良ければ受け取っていただきたいし、捨ててもいいし、取りに言ってもいい」というスタンスです。

      今のところ、女性会社員は派遣とはいえ上場企業勤め、学生は東大と学習院で実家も余裕がありそうですので、この戦略はまあまあ悪くないのかな、と思っています。

      モデルルームの家具などは、他の部屋で使い回ししたり自分の倉庫ででキープしたりする人のことを読んだことがあります。

      こういうのは、男性会社員ではそれほど効果がないかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>